HOME > 学会・展示会・セミナー案内 >第62回 日本生殖医学会学術講演会 報告

第62回 日本生殖医学会学術講演会 報告

生殖医学会が 11/16-17に下関で開催されました。
弊社展示ブースでは10月に発売した全自動化学発光測定装置「Access2 イムノアッセイシステム PRO」を紹介したほか、下記学会ランチョンセミナー記録集2種を配布しました。
・第58回 日本卵子学会学術集会ランチョンセミナー記録集(6/2)  「低卵巣刺激IVFとAMH 〜日常診療からみえてくるもの〜」(演者:医療法人社団永遠幸 新橋夢クリニック 院長 瀬川智也先生)
・第66回 日本医学検査学会ランチョンセミナー(6/18)記録集(メディカルテストジャーナル 別刷)「AMH検査の基礎と実際 〜AMHと女性のライフプラン〜」(演者:医療法人 浅田レディースクリニック 理事長 浅田義正先生)
多数の先生方にお立ち寄りいただき、ありがとうございました。
また、口演では、卵巣予備能のうち卵巣に残存する卵子数と相関するとされる AMH(アンチミュラリアンホルモン:抗ミュラー管ホルモン)のセッションが2つあり、ポスター発表を含め、多数の発表がありました。
そのほとんどが当社免疫製品「アクセス AMH」試薬を用いたデータによるもので、生殖医療分野の先生方に当社の製品をお使いいただいていることをうれしく思うとともに、先生方の熱心な討議に身の引き締まる思いで聴講しました。

海峡メッセ下関と海峡ゆめタワー展示ブース



  

第62回 日本生殖医学会学術講演会
【日      時】 2017年11月16日(木)8:00 〜18:00
          11月17日(金)8:00 〜18:00
【会      場】 海峡メッセ下関  MAP
1F 展示見本市会場(アリーナ)  展示ブース No.45
【展示内容】 (以下の各種カタログ・関連資料)
  • 第58 回日本卵子学会学術集会 ランチョンセミナー記録集
    演題:「低卵巣刺激 IVF と AMH ―日常診療からみえてくるもの―」
    演者: 瀬川智也 先生(医療法人社団永遠幸 新橋夢クリニック 院長)
  • アクセスAMH測定値の年齢別分布(中央値)の資料
  • 全自動化学発光酵素免疫測定システム Access2 イムノアッセイシステム カタログ
  • 婦人科・性ホルモン関連項目 測定用試薬カタログ
など
関連項目
【お知らせ

第58回日本卵子学会学術集会 報告はこちら



ページトップ