HOME > 学会・展示会・セミナー案内 > 第36回 日本血液事業学会総会 報告

第36回 日本血液事業学会総会 報告

ブース全景

自動輸血検査装置PK7300やフローサイトメーターなど、輸血医療に貢献する機器、及び試薬のソリューションをパネルや文献でご紹介しました。
多くのお客様から注目・お問合せを受けました。ブースへのご来場本当にありがとうございました。

  • 日    時
  • 2012年10月17日(水) 11:00〜18:00
    18日(木)  9:00〜17:00
    19日(金)  9:00〜14:00
  • 会    場
  • 仙台国際センター 展示レセプションホール 桜  MAP
  • 展 示 製 品
  • 血液事業学会のベックマン・コールターブースでは、輸血分野に不可欠な製品をご 紹介します。

    まず、クリニカルフローサイトメーターにおける最新機種、ハイエンドクリニカル フローサイトメーター Naviosです。
    高性能マルチレーザー・マルチカラー解析(3レーザ・10カラー)が、 高速・高精 度のデジタルエレクトロニクスによって高解像度の解析を実現しました。
    更に、自動測定システムなどクリニカルフローサイトメーターに必須の機能も備 え、先進の輸血細胞治療に大きく貢献することが出来ます。

    そして、自動輸血検査装置PK7300とM-MPHAです。PK7300は、特徴的なマイクロプレートを用い、輸血検査の全自動化を実現しました。また、磁性粒子を使用したM-MPHA法による新しい抗血小板抗体検出試薬は、担体に磁性体(magnetic)を用いることにより、その反応時間を劇的に短縮しました。

    ベックマンコールターは、これからも血液事業分野に大きく貢献していきます。


ページトップ