HOME > 学会・展示会・セミナー案内 > ヘマトロジー講演会 in Nagoya 2012

ヘマトロジー講演会 in Nagoya 2012

【 ヘマトロジー講演会 in Nagoya 2012 】
  • 日    時
  • 2012年9月15日(土)
    14:00〜17:00
  • 会    場
  • ミッドランドスクエア 5階 ミッドランドホール  MAP
  • Webお申し
    込み締切日
  • 2012年9月13日(木)
  • お申し込み
  • お申し込み受付は終了致しました。
【内容紹介】
  • 講    演
  • 第一部
    『形態診断の秘策 -血液標本に教えられ理解すること-』

    【 演 者 】
    阿南 建一 先生(福岡大学医学部 腫瘍・血液・感染症内科学)


    日常行われている光顕的手法による形態診断はあくまでも定性検査であるがため、形態診断の指標が揺れ動くことを度々経験する。それを当たり前のように日々の検査を行っているとすれば、 そこは大きな落とし穴となって形態診断に狂いが生じ始め軌道修正がきかなくなってしまう恐れもある。 指標の動きとは確固たる形態の標準化がないために正常所見と異常所見の捉え方にバラツキなどが生じることである。異常所見については機能異常も理解した上で捉えることによって形態所見の捉え方の幅も広くなり形態診断には大きな味方となる。本講演では1枚の血液標本から得られる情報を見逃すことなく形態診断に結びつける秘策について挑戦してみたい。

    第ニ部
    「MDSの診断と予後 - 最近の病態・病因研究と改訂IPSSを踏まえて -」

    【 演 者 】
    栗山 一孝 先生
    (公益財団法人長崎原子爆弾被爆者対策協議会 中央検診所)


ページトップ