HOME > 臨床検査分野 > 免疫検査ソリューション  >  全自動化学発光酵素免疫測定装置 UniCel DxI 800

全自動化学発光酵素免疫測定装置
ユニセルDxI 800

全自動化学発光酵素免疫測定装置 ユニセルDxI 800 免疫検査項目一覧

どこまでも速く、使いやすく 〜効率化を追求した、3つの配慮〜

  • 速さを止めない配慮
    • ・試薬補充は、装置を止めず、セットするだけ
    • ・検体分注は、ラックを保持せず、即座に排出
  • 手間をかけさせない配慮
    • ・試薬・消耗品の補充頻度を大幅に低減
    • ・効率的な機器管理により、真のウォークアウェイを実現
    • ・試薬・キャリブレータは全てバーコード管理
  • わかりやすさへの配慮
    • ・日本語画面で、アイコンベースの快適操作
    • ・シンプルで、グラフィカルな画面構成で、誰でも簡単操作

Unicel DxI 800 免疫分析装置


省力化と業務品質向上に貢献 〜リスクマネジメントと運用性に配慮〜

  • 追加検査も、手間と時間をかけさせません
    • ・子検体保冷保存機能で、最大3時間装置内に保存
    • ・リフレックステスト機能やオンボードダイリューション機能で
      TATの改善に貢献 
  • 手間をかけない安全廃棄
    • ・使用済試薬パックなど廃棄物は全て廃棄バッグへ自動廃棄
  • オプション利用で、さらに使いやすく
    • ・1本搬送にもラック搬送にも接続可能
    • ・インターネット回線を使用したリモートメンテナンス

Unicel DxI 800 省力化と業務品質向上に貢献


幅広い検査項目 〜全自動化学発光酵素免疫分析装置用アクセス試薬〜

  • 腫瘍マーカー・貧血・性ホルモン・甲状腺・骨代謝などの領域で強みを持った項目をラインアップしています。詳しくは、こちら

主な仕様

項目 内容
測定原理 CLEIA(化学発光酵素免疫測定法)
処理能力 最大400テスト(/時)
検体同時架設数 120検体(連続投入可能)
同時分析項目数 50項目
寸法/質量(本体) 1,710(W)×970(D)×1,700(H) mm / 521.6kg

製造販売届出番号:13B3X00190000015 ユニセルDxl 800システム
一般医療機器(特定保守管理医療機器、設置管理医療機器)


※本ページに掲載されている情報は、医療関係者の方々を対象にしたものです。

 



ページトップ